SNS

SNS

Social Networking Service

SNS

事業もしくは企業のSNS展開は、もはや単なる広告手段ではありません。それは、ユーザーと熱烈にコミュニケーションを取るための力強い方法です!

閉鎖的なユーザサポートサービスや、間接的な問合せ窓口では見つけられなかった課題や評価を、このダイナミックなフラットフォームを通じて知ることができるのです。そして、その使い方次第では、ここでのやり取りが新たな顧客の獲得に繋がる、非常に貴重なツールとなります。SNSを最大限活用し、事業の新しい可能性を切り開きましょう!

広義には、社会的ネットワークの構築のできるサービスやウェブサイトは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)という超カッコいい名前がついています。ちょっと待って、これには電子掲示板やメーリングリストも含まれてるんですよ!すごいでしょ?そしてさらに、「ソーシャルメディア」という別の素晴らしい言葉も出てきました。もう、どれを使っていいのか分からなくなりますね。

狭義には、SNSとは「人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型の会員制のサービス」と定義されます。いや、もうちょっと簡単に言えませんか?それと、そういったサービスを提供するウェブサイトも含まれるそうです。わかりやすい例でいうと、私たちの定番の「暇つぶしSNS」がこれにあたります。

SNSの主目的は、個人間のコミュニケーションです。で、利用者はサービスに会員登録することで使えるのですが、なんと!密接な人のつながりを重視するために、既存の参加者からの招待がないと参加できないSNSもあります。まるで秘密のクラブみたいですね!

https://ja.wikipedia.org/wiki/ソーシャル・ネットワーキング・サービス

Social Networking Service

Facebook

Facebook の主な特徴は以下の通り:

  • 世界最大のソーシャルネットワークサービス
  • 2004年に創設され、現在20億人以上が利用
  • ユーザーが自身のプロフィールを作成し、友人や家族と交流できる
  • 写真/動画の投稿、ライブ配信、グループ機能など、多様な機能を備えている
  • モバイル利用が主流で、スマートフォンアプリが広く使われている

Facebookの利用者層は非常に幅広く、10代から60代以上まで、様々な年齢層が利用しています。特に30代~50代の中高年層の利用が顕著です。

ビジネス利用の際のメリットとしては:

  • 膨大なユーザー数を活かした広告配信が可能
  • ターゲティングの精度が高く、効果的なマーケティングが行える
  • ユーザーとの双方向コミュニケーションが取れる

一方、デメリットとしては:

  • 個人情報保護の観点から、一部規制が厳しくなってきている
  • 急速な成長に伴い、フェイクニュースや有害コンテンツ対策が課題
  • 企業アカウントの有機的な拡散が難しくなってきている

X (旧Twitter)

X の主な特徴は以下の通り:

  • 140文字(現在は280文字)という短いメッセージでの情報発信が特徴
  • リアルタイムでのトピックや話題の共有に強みがある
  • ハッシュタグ機能を活用した、テーマ別の情報共有が活発
  • ユーザー間のやりとりやコメント機能により、双方向のコミュニケーションが可能
  • スマートフォンアプリの利用が主流で、モバイルでの利用が定着

Xの利用者層は比較的幅広く、10代から50代前半までの年齢層が中心です。特に、学生や若年層、メディア関係者、企業の広報担当者などの利用が顕著です。

ビジネス利用の際のメリットとしては:

  • リアルタイムな情報発信により、話題性の高いコンテンツが作れる
  • ターゲティング広告の配信で、効果的なマーケティングが可能
  • ユーザーとの双方向コミュニケーションを通じて、ブランド力の向上が期待できる

一方で、デメリットとしては:

  • 140/280文字という制限により、詳細な情報発信が難しい
  • 膨大な情報量の中で、自社コンテンツが埋もれてしまう可能性がある
  • 拡散力の高さから、ネガティブな情報も瞬く間に広まる危険性がある

Instagram

Instagram の主な特徴は以下の通りです:

  • 写真や動画の共有に特化したSNSサービス
  • 投稿した画像にフィルターを適用して加工できる
  • ユーザー間でのコメントや「いいね」による交流が活発
  • ハッシュタグを使った検索や発見が容易
  • スマートフォンアプリを中心としたモバイル利用が主流

Instagramの利用者層は10代から20代の利用が顕著です。美容やファッション、旅行など、ビジュアルコンテンツに関心の高い層に人気があります。

ビジネス利用の際のメリットは以下の通りです:

  • 若年層への訴求力が高く、新規顧客の開拓に有効
  • 写真/動画を活用したブランディングやプロモーションが可能
  • インフルエンサーマーケティングなど、ユーザー参加型の施策が展開できる

一方のデメリットとしては:

  • 文字情報の制限から、詳細な商品説明などが難しい
  • 有料広告の費用対効果が低い可能性がある
  • 急速な利用者増加に伴い、コンテンツの埋没リスクがある

LINE

LINE の主な特徴は以下の通りです:

  • メッセンジャーアプリを核とした、コミュニケーションに特化したSNSサービス
  • 1対1のチャット機能や、グループトークなどの機能が充実
  • スタンプやアニメーション、音声/動画通話など、豊富なコミュニケーションツールを提供
  • タイムラインやニュース閲覧、モバイル決済など、多機能化が進んでいる
  • スマートフォンアプリが中心で、日本を中心にアジア圏で高い利用率を誇る

LINEの利用者層は10代から40代までの幅広い年齢層に人気があります。特に20代~30代の若年層の利用が顕著です。

ビジネス活用の際のメリットとしては:

  • 圧倒的な国内シェアを活かした、効果的な広告配信が可能
  • 友だち追加による顧客囲い込みや、LINEオウンドメディアの活用が期待できる
  • 決済機能の活用など、サービス連携によるユーザー利便性の向上が図れる

一方で、デメリットとしては:

  • プライバシー保護の観点から、一部機能の制限や規制が強化されている
  • 企業アカウントの有機的な拡散が難しく、広告費用の増大が課題となる
  • 急速な機能拡張により、サービスの複雑化が進んでいる

YouTube

YouTube の主な特徴は以下の通りです:

  • 動画の投稿・視聴に特化したプラットフォーム
  • ユーザーが自身で動画を撮影・編集し、投稿することができる
  • 視聴者はコメントやいいね、共有など、動画に対する反応が可能
  • 様々なジャンルの動画コンテンツが膨大に蓄積されている
  • 検索機能が充実しており、ユーザーが欲しい動画を見つけやすい
  • スマートデバイスでの視聴が主流で、モバイル利用が定着

YouTubeの利用者層は非常に幅広く、10代から60代以上まで、全世代にわたって人気があります。特に10代~30代の若年層の利用が顕著です。

ビジネス活用の際のメリットは以下の通りです:

  • 膨大なユーザー数を活かし、効果的な動画広告の配信が可能
  • 企業自身でも動画コンテンツを制作・投稿し、ブランディングに活用できる
  • 視聴者とのコミュニケーションを通じて、ロイヤルカスタマーの育成が期待できる

一方で、デメリットとしては:

  • 動画制作・編集のコストがかかる
  • 膨大な動画コンテンツの中で、自社動画の存在感を出すのが難しい
  • 動画広告の視聴者離れなど、広告効果の低下が懸念される

TikTok

TikTok の主な特徴は以下の通りです:

  • 短尺の動画投稿と視聴に特化したプラットフォーム
  • ユーザー自身が撮影・編集した15秒~1分程度の動画を共有できる
  • 楽曲やダンス、コメディなど、エンターテインメント性の高いコンテンツが人気
  • アルゴリズムによる動画の配信最適化が強み
  • スマートフォンアプリを中心に利用されており、若年層に広く浸透

TikTokの利用者層は10代~20代の若年層が中心で、特に10代の利用が顕著です。ファッション、音楽、コメディなどに興味関心の高い層に人気があります。

ビジネス活用の際のメリットは以下の通りです:

  • 若年層への強い訴求力を活かし、新規顧客の開拓が期待できる
  • 楽曲やダンスなどのトレンドを活用したプロモーション施策が展開できる
  • インフルエンサーマーケティングなど、ユーザー参加型の取り組みが可能

一方で、デメリットとしては:

  • 短尺動画のため、詳細な商品説明などが難しい
  • 急速な利用者増加に伴い、コンテンツの埋没リスクがある
  • 一過性のトレンド性が強く、継続的な効果が得にくい
SNS

Social Networking Service

Pinterest

Pinterest の主な特徴は以下の通りです:

  • インターネット上で見つけたアイデアをピン止めしておくことができるサービス
  • ユーザーは自分のアカウントに様々なジャンルのピンを集めることができる
  • 他のユーザーのピンを探したり、眺めたりするのが楽しみの一つ
  • ビジュアル性が強いサービスのため、商品紹介やDIYアイデア共有などに適している
  • ユーザー層は幅広いが、特に女性ユーザーが多い傾向にある

つまり、Pinterest はインターネット上で見つけた魅力的なアイデアをピン止めして管理・共有できるサービスで、ビジュアル性が強いため企業のマーケティングにも活用しやすいプラットフォームといえます。ユーザーの多くが女性層であるのも特徴的ですね。

LinkedIn

LinkedIn の主な特徴は以下の通りです:

  • 主に企業や仕事に関連したSNSサービス
  • ユーザーは自身の経歴、職歴、スキルなどを登録し、ネットワークを構築できる
  • 採用担当者が優秀な人材を探すためにLinkedinを活用することが多い
  • 業界情報の共有、ユーザー間の交流、求人情報の検索など、キャリア形成に役立つ機能が充実
  • メインのユーザー層は30代~50代のビジネスパーソン

企業にとっては、自社のPR や優秀な人材の発掘に活用できるメリットがあり、個人ユーザーにとっても新しい出会いやキャリアアップのチャンスが得られる場となっています。

つまり、Linkedinはビジネス・キャリアに特化したSNSサービスであり、企業と個人双方にとってメリットのあるプラットフォームだと言えますね。

XING

XING の主な特徴は以下の通りです:

  • 主に企業や仕事に関連したSNSサービス
  • ユーザーは自身の経歴、職歴、スキルなどを登録し、ネットワークを構築できる
  • 採用担当者が優秀な人材を探すためにXingを活用することが多い
  • 業界情報の共有、ユーザー間の交流、求人情報の検索など、キャリア形成に役立つ機能が充実
  • メインのユーザー層は30代~50代のビジネスパーソン
  • 主な使用言語はドイツ語だが、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語など複数言語に対応

企業にとっては、自社PRや人材発掘の場として活用できるメリットがあり、個人ユーザーにとっても新たなキャリアチャンスが得られる場となっています。

Xingは主にドイツ語圏を中心としたビジネス特化型SNSサービスですが、多言語対応されているのが特徴的ですね。企業や個人にとって有用なプラットフォームだと考えられます。

Tumblr

Tumblrは、主に北米を中心に展開されているブログ形式のSNSサービスです。その主な特徴は以下の通りです:

  • ユーザーが自由にテキスト、写真、動画などを投稿することができる
  • 他のユーザーがそれらのコンテンツをリブログして共有することができる
  • ユーザーの表現の自由が尊重されており、様々なサブカルチャーのコミュニティが形成されている
  • 独自の言語文化が発展し、ユーザー間のコミュニケーションが活発に行われている
  • メインのユーザー層は10代~20代の若年層が中心だが、幅広い年代が利用している

Tumblrの展開地域については、以下の通りです:

  • 創業はアメリカのニューヨークで、現在の本社もニューヨークにある
  • 利用者の大半はアメリカ国内だが、グローバルにも利用者が広がっている
  • 日本語をはじめ、複数の言語に対応しており、世界各国のユーザーが活用している

企業にとっても、ブランド発信やマーケティングの場としてTumblrを活用できる可能性がありますが、ユーザーの自由な表現を尊重する必要があります。

Tumblrは、ユーザーの創造性と表現の自由を重視したSNSプラットフォームといえます。多様なサブカルチャーが共存し、活発なコミュニケーションが行われているのが特徴的ですね。

Flickr

Flickrは、主に北米を中心に展開されている写真・画像の共有と管理を目的としたSNSサービスです。その主な特徴は以下の通りです:

  • 写真愛好家や専門家などのコミュニティが活発に活動している
  • 写真の撮影テクニックや編集方法、カメラ機材の情報交換など、写真に関する様々な話題について議論が交わされている
  • 膨大な数の高品質な写真が蓄積されており、クリエイティブな用途で利用できる
  • 写真の検索やタグ付け、コレクションの作成など、写真管理の機能が充実している
  • メインのユーザー層は30代~50代の写真愛好家が中心だが、専門家からアマチュアまで幅広い層が利用している

Flickrの展開地域については、以下の通りです:

  • 創業はアメリカのカリフォルニア州で、現在の本社もカリフォルニアにある
  • 利用者の大半はアメリカ国内だが、グローバルにも利用者が広がっている
  • 英語をはじめ、複数の言語に対応しており、世界各国のユーザーが活用している

企業にとっても、製品の魅力を写真で訴求したり、ブランドイメージの醸成に活用できる可能性があります。

Flickrは、写真愛好家のコミュニティを中心としたSNSサービスで、膨大な高品質な写真コンテンツが蓄積されているのが特徴的ですね。

Reddit

Redditは、主に北米を中心に展開されているディスカッション型のSNSサービスです。その主な特徴は以下の通りです:

  • ユーザーが様々なトピックに関するスレッドを立て、議論を交わすことができる
  • スレッドに対してコメントを書き込み、投票を行うことで、人気の高いコンテンツが上位に表示される
  • ユーザーは匿名で参加できるため、率直な意見交換が行われている
  • サブレディットと呼ばれるテーマ別のコミュニティが数多く存在し、専門性の高い話題について深く掘り下げた議論が可能
  • メインのユーザー層は10代~30代の男性が中心だが、幅広い年齢層が利用している

Redditの展開地域については、以下の通りです:

  • 創業はアメリカのバージニア州で、現在の本社もバージニア州にある
  • 利用者の大半はアメリカ国内だが、英語圏を中心にグローバルにも利用者が広がっている
  • 英語を主要言語としているが、一部の人気サブレディットでは他言語にも対応している

企業にとっても、ユーザーの生の声を収集したり、ブランドイメージの醸成に活用できる可能性がありますが、Redditのコミュニティ文化を理解し、慎重にアプローチする必要があります。

Redditは、ユーザー主導の自由な議論が行われるSNSプラットフォームといえます。専門性の高いコミュニティが数多く存在しているのが特徴的ですね。

Social Networking Service

VKontakte

VKontakteは、主にロシアや東欧諸国を中心に展開されているソーシャルネットワークサービスです。その主な特徴は以下の通りです:

  • 2006年にロシアで創設された、Facebookに似たソーシャルネットワーキングサイト
  • ユーザーは自身のプロフィールページを作成し、友人や知人とコミュニケーションを取ることができる
  • 写真や動画の共有、ミュージックプレイヤー、ゲームなど、多様なアプリケーションが利用可能
  • 主要な言語はロシア語だが、英語やウクライナ語、カザフ語など、複数言語に対応している
  • ロシア国内でFacebookを上回る利用者数を誇り、東欧諸国でも人気が高い
  • メインのユーザー層は10代~30代が中心で、特に若年層の利用が顕著

VKontakteの展開地域については、以下の通りです:

  • 創業はロシアで、現在の本社もモスクワにある
  • 利用者の大半はロシアやウクライナ、ベラルーシなどの東欧諸国
  • 主要言語はロシア語だが、英語などの言語にも対応している

企業にとっては、ロシア・東欧圏でのマーケティングやブランディングの場として活用できる可能性がありますが、言語や文化の違いに留意する必要があります。

VKontakteは、ロシア・東欧圏で大きな影響力を持つソーシャルネットワークサービスといえます。

Bloglovin

Bloglovinは、主に北米を中心に展開されているブログの購読・管理に特化したSNSサービスです。その主な特徴は以下の通りです:

  • ユーザーが自分の興味関心に合わせて、様々なブログをフォローできる
  • フォローしたブログの新着記事をまとめて表示し、一括で購読できる
  • ブログのコンテンツをソーシャルメディア上で共有したり、コメントを付けたりできる
  • ブログ運営者はユーザーのフォロー数やインタラクションを確認できる
  • モバイルアプリにも対応しており、ブログの閲覧やフォロー管理が便利
  • メインのユーザー層は主に10代~30代の女性が中心で、ファッション、美容、ライフスタイルなどのブログに興味関心を持つ層に人気がある

Bloglovinの展開地域については、以下の通りです:

  • 創業はアメリカのカリフォルニア州で、現在の本社もカリフォルニアにある
  • 利用者の大半はアメリカ国内だが、英語圏を中心にグローバルにも利用者が広がっている
  • 英語を主要言語としているが、一部の地域では現地語にも対応している

企業にとっては、自社ブログのプロモーションや、ブロガーとのコラボレーションなどの活用が考えられます。ブログ運営者側からも、Bloglovinを通じて新規読者の獲得や、ブログの認知度向上が期待できます。

Bloglovinは、ブログの購読・管理に特化したSNSサービスとして、女性層を中心に支持されているプラットフォームです。

Medium

Mediumは、主に北米を中心に展開されているブログ形式のコンテンツ共有プラットフォームです。その主な特徴は以下の通りです:

  • ユーザーが自身のアカウントで文章を投稿・公開することができる
  • 他のユーザーはそれらの記事を読み、コメントやクラップ(いいね)を付けることができる
  • 記事のディスカバリー機能が強化されており、関心に応じた優良記事を発見しやすい
  • 長文の記事に適しており、ジャーナリズムやエッセイ、ビジネス・テクノロジー分野などの記事が人気
  • 有料会員制度も導入されており、最高の記事を読み放題で楽しめる
  • メインのユーザー層は幅広く、プロフェッショナルやクリエイター、ビジネスパーソンなどが中心

Mediumの展開地域については、以下の通りです:

  • 創業はアメリカのシリコンバレーで、現在の本社もサンフランシスコにある
  • 利用者の大半はアメリカ国内だが、英語圏を中心にグローバルにも利用者が広がっている
  • 日本語をはじめ、複数の言語に対応しているが、英語コンテンツが中心

企業にとっては、自社のブランディングやコンテンツマーケティングの場として活用できる可能性があります。専門性の高い記事を発信することで、ブランドイメージの向上や、見込み客の獲得につなげられます。

Mediumは、長文のコンテンツ共有に適したプラットフォームとして、専門家や企業にも注目されているサービスです。

Torial

Torialは、主に北米を中心に展開されているオンラインスキル習得プラットフォームです。その主な特徴は以下の通りです:

  • ユーザーが自身のスキルアップに役立つ動画レッスンを視聴したり、プロジェクトを完成させることができる
  • レッスンは様々な分野(プログラミング、デザイン、ビジネス等)をカバーしており、初心者からプロまで幅広いニーズに対応
  • 動画の他にも、テキスト教材やクイズ、プロジェクト課題など、マルチフォーマットで学習できる
  • ユーザーは自身のスキルレベルや学習進捗を管理でき、習得したスキルを証明するバッジを獲得可能
  • 企業や教育機関向けにも法人プランを用意しており、社員教育やカリキュラム作成に活用できる
  • メインのユーザー層は20代~40代の働き盛りの層が中心

Torialの展開地域については、以下の通りです:

  • 創業はアメリカのカリフォルニア州で、現在の本社もカリフォルニアにある
  • 利用者の大半はアメリカ国内だが、英語圏を中心にグローバルにも利用者が広がっている
  • 英語を主要言語としているが、一部の人気コースは複数言語に対応している

企業にとっては、社員のスキル向上や人材育成の手段として、Torialの活用が考えられます。個人ユーザーにとっても、気軽に学習できる機会を提供するプラットフォームといえます。

Diigo

Diigoは、主に北米を中心に展開されているウェブページのブックマーキングとアノテーションツールです。その主な特徴は以下の通りです:

  • ユーザーが閲覧したウェブページにコメントやハイライト、タグ付けなどのアノテーションを追加できる
  • アノテーションした内容は自分のアカウントに保存され、後からいつでも参照できる
  • 他のユーザーとアノテーションを共有したり、コメントをつけ合うことで、協同作業やディスカッションが可能
  • ウェブページの保存やキュレーション、検索機能も充実しており、情報管理に役立つ
  • メインのユーザー層は研究者、学生、ビジネスパーソンなど、情報収集や分析を行う層が中心

Diigoの展開地域については、以下の通りです:

  • 創業はアメリカのカリフォルニア州で、現在の本社もカリフォルニアにある
  • 利用者の大半はアメリカ国内だが、英語圏を中心にグローバルにも利用者が広がっている
  • 英語を主要言語としているが、一部の機能では他言語にも対応している

企業にとっては、社内での情報共有やナレッジマネジメントに活用できる可能性がありますし、教育機関では学生の学習支援ツールとしても活用されています。

Diigoは、ウェブページのアノテーションと情報管理に特化したツールとして、研究や学習、ビジネスシーンで活用されているサービスです。

Imgur

Imgurは、主に北米を中心に展開されている画像共有・ホスティングサービスです。その主な特徴は以下の通りです:

  • ユーザーが手軽に画像をアップロードして共有することができる
  • アップロードした画像にタイトルやタグ、説明文を付けられ、コメントやシェアも可能
  • 画像の表示やダウンロードが高速で、大容量のデータにも対応している
  • ソーシャルメディアとの連携も強く、他のSNSへの投稿も簡単に行える
  • メーム画像の作成や編集、GIFアニメーションの生成など、画像加工の機能も充実
  • メインのユーザー層は10代~30代の若年層が中心で、ゲームやエンターテイメント分野で人気がある

Imgrの展開地域については、以下の通りです:

  • 創業はアメリカのカリフォルニア州で、現在の本社もカリフォルニアにある
  • 利用者の大半はアメリカ国内だが、英語圏を中心にグローバルにも利用者が広がっている
  • 英語を主要言語としているが、一部の機能では他言語にも対応している

企業にとっては、製品やサービスのプロモーションに画像を活用したり、ユーザー生成コンテンツを活用するなど、マーケティングの場としても活用できます。

Imgurは、手軽な画像共有・ホスティングサービスとして、若年層を中心に幅広く利用されているプラットフォームです。

SNS

株式会社 十志 / JUICY LTD.をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで届きます。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメントを残す

株式会社 十志 / JUICY LTD.をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む