WordPress Upgrade Constants : Editing wp-config.php

WordPressのアップグレード定数

アップデートの問題を修正するために必要な以下の定数のうち、いくつかを定義する必要があります。

File Permission Issues

We were unable to modify required files. Please ensure that /home/directory/uploads/ has the proper read-write permissions, or modify your wp-config.php file to contain your FTP login credentials as outlined here.

必要なファイルを変更できませんでした。 / home / directory / uploads /が適切な読み書き権限を持っていることを確認してください。また、wp-config.phpファイルを変更してここに記載されているFTPログイン認証情報を保存してください。

これらを定義する必要がある最も一般的な原因は次のとおりです。

  • シンボリックリンクを含む特別なインストール設定で動作するホスト。 パス関連の定数(FTP_BASE、FTP_CONTENT_DIR、およびFTP_PLUGIN_DIR)を定義する必要があります。 しばしば単にベースを定義すれば十分です。
  • 特定のFTPサーバーと互換性のないPHP FTP拡張機能が付属している特定のPHPインストール。 このまれな状況では、FS_METHODを "ftpsockets"に定義する必要があります。

次はWordPressの更新に有効な定数です。

  • FS_METHODはファイルシステムのメソッドを強制します。 「direct」、「ssh2」、「ftpext」、または「ftpsockets」である必要があります。 一般に、更新の問題が発生している場合にのみこれを変更してください。 あなたがそれを変更して助けにならない場合は、それを元に戻したり削除したりしてください。 ほとんどの状況で、自動的に選択されたメソッドがそうでない場合、それを 'ftpsockets'に設定すると動作します。 ここでの選択はセキュリティに深刻な影響を与えることに注意してください。 あなたがそれらに精通していない場合は、変更する前に助けを求める必要があります。
    • (優先候補) "direct"はPHP内から直接ファイル入出力要求を使用するように強制します。 デフォルトで選択されているオプションです。
    • (2番目の候補) "ssh2"は、SSH PHP Extensionがインストールされている場合はそれを強制的に使用することです
    • (3番目の候補) "ftpext"は、FTPアクセスのためのFTP PHP拡張の使用を強制することです。
    • (最後の手段) "ftpsockets"はFTPアクセス用のPHPソケットクラスを利用します。
  • FTP_BASEは、WordPressインストールの「ベース」(ABSPATH)フォルダへのフルパスです。
  • FTP_CONTENT_DIRは、WordPressインストールのwp-contentフォルダへのフルパスです。
  • FTP_PLUGIN_DIRは、WordPressインストールのプラグインフォルダへのフルパスです。
  • FTP_PUBKEYは、SSH公開鍵へのフルパスです。
  • FTP_PRIKEYは、SSH秘密鍵へのフルパスです。
  • FTP_USERは、ユーザーFTPまたはSSHユーザー名です。 これらはほとんど同じですが、実行する更新の種類に適したものを使用してください。
  • FTP_PASSは、FTP_USERに入力されたユーザー名のパスワードです。 SSH公開鍵認証を使用している場合、これは省略できます。
  • FTP_HOSTは、SSH / FTPサーバーのホスト名:ポートの組み合わせです。 デフォルトのFTPポートは21で、デフォルトのSSHポートは22です。これらは言及する必要はありません。
  • FTP_SSL基底のトランスポートでサポートされている場合はSSL接続の場合はTRUE(すべてのサーバーでは使用できません)。 これは、SSH SFTPではなく「セキュアFTP」用です。
define( 'FS_METHOD', 'ftpext' );
define( 'FTP_BASE', '/path/to/wordpress/' );
define( 'FTP_CONTENT_DIR', '/path/to/wordpress/wp-content/' );
define( 'FTP_PLUGIN_DIR ', '/path/to/wordpress/wp-content/plugins/' );
define( 'FTP_PUBKEY', '/home/username/.ssh/id_rsa.pub' );
define( 'FTP_PRIKEY', '/home/username/.ssh/id_rsa' );
define( 'FTP_USER', 'username' );
define( 'FTP_PASS', 'password' );
define( 'FTP_HOST', 'ftp.example.org' );
define( 'FTP_SSL', false );

プラグインやWP自体を更新しようとすると503の問題を避けるために、FTP_HOSTをlocalhostに設定する必要があります。

情報元

WordPress.org Editing wp-config.php

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください