php.ini

PHP 設定ファイル

参照元 : https://www.php.net/manual/ja/configuration.php

バージョン説明
7.0.0 行コメントの先頭で使用されてきたハッシュ記号 ( # ) が廃止となり、完全にセミコロン ( ; ) になりました。
5.3.0 行コメントの先頭に使用する記号がセミコロン ( ; ) になりました。これまで使用されてきたハッシュ記号 ( # ) を使うと、廃止予定だという警告を発します。
5.2.0 環境変数 PHP_INI_SCAN_DIRが新たに使用できるようになり、configure 時に指定したスキャンディレクトリを環境変数で変更できるようになりました。
5.1.0 .ini ファイル内で既存の .ini 変数を参照できるようになりました。

設定ファイルが参照されるタイミング

設定ファイル (php.ini) は PHP の起動時に読み込まれます。 PHP のサーバーモジュール版では、Web サーバーの起動時に 一度だけ読み込まれます。CGI 版と CLI 版では、スクリプトが呼び出される度に読み込まれます。

PHP マニュアルインストールと設定 > 実行時設定

探す順番と場所

  1. SAPI モジュール特有の場所
    (Apache 2 における PHPIniDir ディレクティブ、 CGI/CLI 版における -c コマンドラインオプション、 NSAPI における php_ini パラメータ、 THTTPD における PHP_INI_PATH 環境変数)
  2. PHPRC 環境変数。
    ※PHP 5.2.0 より前では、 次に挙げるレジストリキーの後にチェックされていました。
  3. (Windows のみ) レジストリーキー
    PHP 5.2.0 以降では、PHP のバージョンごとに別の場所の php.ini を使用することができます。以下のレジストリキーを順に調べて使用します。
    1. [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP\x.y.z] 
    2. [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP\x.y] 
    3. [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP\x]
      x、y および z はそれぞれ PHP のメジャーバージョン、マイナーバージョン、 リリース番号を表します。これらのキーに IniFilePath の値が設定されていれば、最初に見つかった場所の php.ini を使用します。
  4. (Windows のみ) [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\PHP]  レジストリキーにある IniFilePath の値 。
  5. 現在の作業ディレクトリ (CLI を除く)
  6. (SAPI モジュールの場合) Web サーバーのディレクトリ
  7. (SAPI モジュール ではない Windows の場合) PHP ディレクトリ
  8. (Windows のみ) Windows ディレクトリ
    (C:\windows もしくは C:\winnt)) 、
  9. もしくはコンパイル時のオプション –with-config-file-path で指定された場所

php-SAPI.ini (ここで SAPI は使用する SAPI 名。 たとえば php-cli.ini や php-apache.ini) が存在する場合、 php.ini の代わりに使用されます。 SAPI 名は php_sapi_name() によって決定されます。


php.ini ディレクティブ

ディレクティブ(Directive)とは、プログラミングのコマンドのような意味で使われる用語で、プログラミング言語の一部の構成要素を指す。 この構成要素とは、コンパイラやアセンブラに処理方法を指示する記述などを指す。

ディレクティブ | 情報科学 | IT用語辞典 | 日立ソリューションズ

php.ini のみ

php.ini のみに使用可能なディレクティブ

ディレクティブ名 デフォルト値 注釈
disable_classes “”  
disable_functions “”  
expose_php “1”  
extension NULL  
mail.force_extra_parameters NULL  
pdo.dsn.*   PHP 5.1.0 以降で利用可能。
zend_extension NULL  
zend_extension_debug NULL  
zend_extension_debug_ts NULL  
zend_extension_ts NULL  

PHP_INI_SYSTEM

php.ini または httpd.conf で設定可能なディレクティブ

ディレクティブ名 デフォルト値 注釈
allow_url_fopen “1”  
allow_url_include “0” PHP 5.2.0 以降で使用可能。
apc.enable_cli “0” APC 3.0.7 以降で利用可能。
apc.enabled “1” APC 2 で PHP_INI_SYSTEM、APC <= 3.0.12 で PHP_INI_ALL。
apc.file_update_protection “2” APC 3.0.6 以降で利用可能。
apc.filters NULL  
apc.gc_ttl “3600”  
apc.include_once_override “0” APC 3.0.12 以降で利用可能。
apc.localcache “0” APC 3.0.14 以降で利用可能。
apc.localcache.size “512” APC 3.0.14 以降で利用可能。
apc.max_file_size “1M” APC 3.0.7 以降で利用可能。
apc.mmap_file_mask NULL  
apc.num_files_hint “1000”  
apc.report_autofilter “0” APC 3.0.11 以降で利用可能。
apc.rfc1867 “0” APC 3.0.13 以降で利用可能。
apc.rfc1867_freq “0”  
apc.rfc1867_name “APC_UPLOAD_PROGRESS”  
apc.rfc1867_prefix “upload_”  
apc.shm_segments “1”  
apc.shm_size “30”  
apc.slam_defense “0” APC 3.0.0 以降で利用可能。
apc.stat “1” APC 3.0.10 以降で利用可能。
apc.stat_ctime “0” APC 3.0.13 以降で利用可能。
apc.ttl “0” APC 3.0.0 以降で利用可能。
apc.user_entries_hint “4096” APC 3.0.0 以降で利用可能。
apc.user_ttl “0” APC 3.0.0 以降で利用可能。
apc.write_lock “1” APC 3.0.11 以降で利用可能。
browscap NULL  
cgi.check_shebang_line “1” PHP 5.2.1 以降で利用可能。
cgi.discard_path “0” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
cgi.fix_pathinfo “1” PHP <= 5.2.0 で PHP_INI_ALL
cgi.force_redirect “1” PHP <= 5.2.0 で PHP_INI_ALL
cgi.redirect_status_env NULL PHP <= 5.2.0 で PHP_INI_ALL
com.allow_dcom “0”  
com.typelib_file “”  
curl.cainfo NULL PHP 5.3.7 以降で利用可能
dbx.colnames_case “unchanged” PHP 5.1.0 で削除。
doc_root NULL  
enable_dl “1” この非推奨の機能は、きっと 将来 削除 されるでしょう。
extension_dir “/path/to/php”  
fastcgi.impersonate “0” PHP <= 5.2.0 で PHP_INI_ALL
fastcgi.logging “1” PHP <= 5.2.0 で PHP_INI_ALL
fbsql.allow_persistent “1”  
fbsql.autocommit “1”  
fbsql.batchSize “1000” PHP 5.1.0 で削除。
fbsql.default_database “”  
fbsql.default_database_password “”  
fbsql.default_host NULL  
fbsql.default_password “”  
fbsql.default_user “_SYSTEM”  
fbsql.generate_warnings “0”  
fbsql.max_connections “128”  
fbsql.max_links “128”  
fbsql.max_persistent “-1”  
fbsql.max_results “128”  
fbsql.show_timestamp_decimals “0” PHP 5.1.5 以降で利用可能。
file_uploads “1”  
hard_timeout “2” PHP 7.1.0 以降で利用可能。
hidef.ini_path (char*)default_ini_path  
htscanner.config_file “.htaccess”  
htscanner.default_docroot “/”  
htscanner.default_ttl “300” htscanner 0.6.0 以降で利用可能。
htscanner.stop_on_error “0” htscanner 0.7.0 以降で利用可能。
http.persistent.handles.limit “-1” pecl_http 1.5.0 以降で利用可能。
http.request.datashare.connect “0” pecl_http 1.3.0 以降で利用可能。
http.request.datashare.cookie “0” pecl_http 1.3.0 以降で利用可能。
http.request.datashare.dns “1” pecl_http 1.3.0 以降で利用可能。
http.request.datashare.ssl “0” pecl_http 1.3.0 以降で利用可能。
ibase.allow_persistent “1”  
ibase.default_db NULL  
ibase.max_links “-1”  
ibase.max_persistent “-1”  
ibm_db2.i5_all_pconnect “0” ibm_db2 1.6.5 以降で利用可能。
ibm_db2.i5_allow_commit “0” ibm_db2 1.4.9 以降で利用可能。
ibm_db2.i5_dbcs_alloc “0” ibm_db2 1.5.0 以降で利用可能。
ibm_db2.i5_ignore_userid “0” ibm_db2 1.8.0 以降で利用可能。
ibm_db2.instance_name NULL ibm_db2 1.0.2 以降で利用可能。
ifx.allow_persistent “1” PHP 5.2.1 で削除。
ifx.default_host NULL PHP 5.2.1 で削除。
ifx.default_password NULL PHP 5.2.1 で削除。
ifx.default_user NULL PHP 5.2.1 で削除。
ifx.max_links “-1” PHP 5.2.1 で削除。
ifx.max_persistent “-1” PHP 5.2.1 で削除。
ingres.allow_persistent “1” ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.max_links “-1” ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.max_persistent “-1” ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ldap.max_links “-1”  
max_file_uploads 20 PHP 5.2.12 以降で利用可能。
mbstring.func_overload “0” PHP <= 5.2.6 でPHP_INI_SYSTEM | PHP_INI_PERDIR。
mime_magic.debug “0”  
mime_magic.magicfile “/path/to/php/magic.mime”  
mssql.allow_persistent “1”  
mssql.max_links “-1”  
mssql.max_persistent “-1”  
mssql.secure_connection “0”  
mysql.allow_local_infile “1”  
mysql.allow_persistent “1”  
mysql.max_links “-1”  
mysql.max_persistent “-1”  
mysqli.allow_local_infile “1” PHP 5.2.4 以降で使用可能です。
mysqli.allow_persistent “1” PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
mysqli.max_links “-1” PHP 5.0.0 以降で使用可能です。
mysqli.max_persistent “-1” PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
mysqli.reconnect “0” PHP 4.3.5 以降で使用可能です。
mysqli.rollback_on_cached_plink TRUE PHP 5.6.0 以降で使用可能です。
mysqlnd_memcache.enable 1 1.0.0 以降で利用可能
mysqlnd_ms.collect_statistics 0  
mysqlnd_ms.config_file “”  
mysqlnd_ms.disable_rw_split 0  
mysqlnd_ms.enable 0  
mysqlnd_ms.force_config_usage 0  
mysqlnd_ms.ini_file “”  
mysqlnd_ms.multi_master 0  
mysqlnd_mux.enable 0  
mysqlnd_qc.collect_normalized_query_trace 0  
mysqlnd_qc.collect_query_trace 0  
mysqlnd_qc.collect_statistics_log_file /tmp/mysqlnd_qc.stats  
mysqlnd_qc.enable_qc 1  
mysqlnd_qc.query_trace_bt_depth 3  
mysqlnd_qc.slam_defense 0  
mysqlnd_qc.slam_defense_ttl 30  
mysqlnd_qc.std_data_copy 0  
mysqlnd_uh.enable 1  
mysqlnd.collect_memory_statistics “0” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
mysqlnd.debug “” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
mysqlnd.net_read_timeout “31536000” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
mysqlnd.trace_alloc “” PHP 5.5.0 以降で利用可能。
oci8.default_prefetch “10” PHP 5.1.2 以降で利用可能。
oci8.events Off PHP 5.3 (PECL OCI8 1.3) 以降で利用可能。
oci8.max_persistent “-1” PHP 5.1.2 以降で利用可能。
oci8.old_oci_close_semantics “0” PHP 5.1.2 以降で利用可能。
oci8.persistent_timeout “-1” PHP 5.1.2 以降で利用可能。
oci8.ping_interval “60” PHP 5.1.2 以降で利用可能。
oci8.privileged_connect “0” PHP 5.1.2 以降で利用可能。
oci8.statement_cache_size “20” PHP 5.1.2 以降で利用可能。
odbc.allow_persistent “1”  
odbc.check_persistent “1”  
odbc.max_links “-1”  
odbc.max_persistent “-1”  
opcache.blacklist_filename “”  
opcache.enable_cli “0”  
opcache.enable_file_override “0”  
opcache.error_log “”  
opcache.fast_shutdown “0” PHP 7.2.0 で削除されました
opcache.file_cache NULL PHP 7.0.0 以降で利用可能
opcache.file_cache_consistency_checks “1” PHP 7.0.0 以降で利用可能
opcache.file_cache_fallback “1” PHP 7.0.0 以降で利用可能
opcache.file_cache_only “0” PHP 7.0.0 以降で利用可能
opcache.force_restart_timeout “180”  
opcache.huge_code_pages “0”  
opcache.inherited_hack “1” PHP 7.3.0 で削除されました
opcache.interned_strings_buffer “8” PHP 7.0.0 より前のデフォルト値は “4” でした。
opcache.lockfile_path “/tmp”  
opcache.log_verbosity_level “1”  
opcache.max_accelerated_files “10000” PHP 7.0.0 より前のデフォルト値は “2000” でした。
opcache.max_file_size “0”  
opcache.max_wasted_percentage “5”  
opcache.memory_consumption “128” PHP 7.0.0 より前のデフォルト値は “64” でした。
opcache.mmap_base NULL  
opcache.opt_debug_level “0”  
opcache.optimization_level “0x7FFFBFFF” PHP 5.6.18 で 0xFFFFFFFF から変更されました
opcache.preferred_memory_model “”  
opcache.preload “” PHP 7.4.0 以降で利用可能
opcache.protect_memory “0”  
opcache.restrict_api “”  
opcache.save_comments “1”  
opcache.use_cwd “1”  
opcache.validate_permission “0” PHP 7.0.14 以降で利用可能
opcache.validate_root “0” PHP 7.0.14 以降で利用可能
pdo_odbc.db2_instance_name NULL PHP 5.1.1 以降で利用可能。PHP 5.4.0 で削除。
pgsql.allow_persistent “1”  
pgsql.auto_reset_persistent “0”  
pgsql.max_links “-1”  
pgsql.max_persistent “-1”  
phar.cache_list “” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
realpath_cache_size “16K” PHP 5.1.0 以降で利用可能。
realpath_cache_ttl “120” PHP 5.1.0 以降で利用可能。
runkit.internal_override “0”  
safe_mode “0” PHP 5.4.0 で削除。
safe_mode_allowed_env_vars “PHP_” PHP 5.4.0 で削除。
safe_mode_exec_dir “” PHP 5.4.0 で削除。
safe_mode_gid “0” PHP 5.4.0 で削除。
safe_mode_include_dir NULL PHP 5.4.0 で削除。
safe_mode_protected_env_vars “LD_LIBRARY_PATH” PHP 5.4.0 で削除。
sendmail_path “/usr/sbin/sendmail -t -i”  
session_pgsql.create_table “1”  
session_pgsql.db “host=localhost dbname=php_session user=nobody”  
session_pgsql.disable “0”  
session_pgsql.failover_mode “0”  
session_pgsql.gc_interval “3600”  
session_pgsql.keep_expired “0”  
session_pgsql.sem_file_name “/tmp/php_session_pgsql”  
session_pgsql.serializable “0”  
session_pgsql.short_circuit “0”  
session_pgsql.use_app_vars “0”  
session_pgsql.vacuum_interval “21600”  
sql.safe_mode “0”  
sqlite3.extension_dir “” PHP 5.3.11 以降で利用可能。
sys_temp_dir “” PHP 5.5.0 以降で利用可能。
syslog.facility “LOG_USER” PHP 7.3.0 以降で利用可能。
syslog.ident “php” PHP 7.3.0 以降で利用可能。
tidy.default_config “”  
uopz.disable “0” uopz 5.0.2 以降で利用可能
uopz.exit “0” uopz 6.0.1 以降で利用可能
upload_tmp_dir NULL  
user_dir NULL  
user_ini.cache_ttl “300” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
user_ini.filename “.user.ini” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
vld.active “0”  
vld.execute “1” vld 0.8.0 以降で利用可能。
vld.skip_append “0” vld 0.8.0 以降で利用可能。
vld.skip_prepend “0” vld 0.8.0 以降で利用可能。
xdebug.extended_info “1” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xmlrpc_errors “0”  
zend.signal_check “0” PHP 5.4.0 以降で利用可能。

PHP_INI_PERDIR

php.ini、.htaccess、httpd.conf あるいは .user.ini (PHP 5.3 以降の場合) で設定可能なエントリの ディレクティブ

ディレクティブ名 デフォルト値 注釈
allow_call_time_pass_reference “1” PHP 5.4.0 で削除。
always_populate_raw_post_data “0”  
arg_separator.input “&”  
asp_tags “0”  
auto_append_file NULL  
auto_globals_jit “1”  
auto_prepend_file NULL  
enable_post_data_reading On PHP 5.4.0 以降で利用可能
filter.default “unsafe_raw” filter <= 0.9.4 では PHP_INI_ALL。PHP 5.2.0 以降で利用可能。
filter.default_flags NULL filter <= 0.9.4 では PHP_INI_ALL。PHP 5.2.0 以降で利用可能。
http.ob_deflate_auto “0” pecl_http 0.21.0 以降で利用可能。pecl_http 1.0.0 で削除。
http.ob_inflate_auto “0” pecl_http 0.21.0 以降で利用可能。pecl_http 1.0.0 で削除。
http.request.methods.custom “” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.send.deflate.start_auto “0” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.send.inflate.start_auto “0” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
magic_quotes_gpc “1” PHP 5.3.0 で非推奨。PHP 5.4.0 で削除。
mail.add_x_header “0” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
mail.log “” PHP 5.3.0 以降で利用可能 (PHP_INI_SYSTEM|PHP_INI_PERDIR)。
max_input_nesting_level “64” PHP 5.2.3 で削除。
max_input_time “-1”  
max_input_vars 1000 PHP 5.3.9 以降で利用可能。
mbstring.encoding_translation “0”  
mysqlnd.sha256_server_public_key “” PHP 5.5.0 以降で利用可能。
output_buffering “0”  
output_handler NULL  
post_max_size “8M”  
register_argc_argv “1”  
register_globals “0” PHP 5.3.0 で非推奨。PHP 5.4.0 で削除。
register_long_arrays “1” PHP 5.3.0 で非推奨。PHP 5.4.0 で削除。
request_order “” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
runkit.superglobal “”  
session.auto_start “0” PHP <= 5.4.19 および PHP <= 5.5.1 では PHP_INI_ALL。
session.upload_progress.cleanup “1” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
session.upload_progress.enabled “1” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
session.upload_progress.freq “1%” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
session.upload_progress.min_freq “1” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
session.upload_progress.name “PHP_SESSION_UPLOAD_PROGRESS” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
session.upload_progress.prefix “upload_progress_” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
short_open_tag “1”  
upload_max_filesize “2M”  
variables_order “EGPCS”  
xdebug.output_dir “/tmp” Xdebug <= 1.2.0 では PHP_INI_SYSTEM。Xdebug 2.0.0 で削除。
xdebug.profiler_aggregate “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.profiler_append “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.profiler_enable “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.profiler_enable_trigger “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.profiler_output_dir “/tmp” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.profiler_output_name “cachegrind.out.%p” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.remote_enable “0”  
zend.multibyte “0” PHP 5.4.0 以降で利用可能。

PHP_INI_ALL

どこでも設定可能なエントリの ディレクティブ

ディレクティブ名 デフォルト値 注釈
apc.cache_by_default “1” APC <= 3.0.12 で PHP_INI_SYSTEM。APC 3.0.0 以降で利用可能。
apc.optimization “0” APC 2 で PHP_INI_SYSTEM、APC 3.0.13 で削除。
apd.bitmask “0” apd 0.9 で削除。
apd.dumpdir NULL  
apd.statement_tracing “0” apd 0.9 以降で利用可能。
arg_separator.output “&”  
assert.active “1”  
assert.bail “0”  
assert.callback NULL  
assert.exception “0” PHP 7.0.0 以降で利用可能。
assert.quiet_eval “0”  
assert.warning “1”  
auto_detect_line_endings “0”  
axis2.client_home “~/work/axisc/c/deply”  
axis2.enable_exception “1”  
axis2.enable_trace “1”  
axis2.log_path “/tmp”  
bcmath.scale “0”  
bcompiler.enabled “1” bcompiler 0.8 以降で利用可能。
blenc.key_file “/usr/local/etc/blenckeys”  
cgi.nph “0”  
cgi.rfc2616_headers “0”  
child_terminate “0”  
cli_server.color “0” PHP 5.4.0 以降で利用可能
cli.pager “” PHP 5.4.0 以降で利用可能
cli.prompt “\\b \\> “ PHP 5.4.0 以降で利用可能
coin_acceptor.auto_initialize “Off” coin_acceptor 0.2 以降で利用可能。
coin_acceptor.auto_reset “On” coin_acceptor 0.2 以降で利用可能。
coin_acceptor.autoreset “On” coin_acceptor 0.2 で削除。
coin_acceptor.command_function “Off” coin_acceptor 0.3 以降で利用可能。
coin_acceptor.delay “53132” coin_acceptor 0.2 以降で利用可能。
coin_acceptor.delay_coins “53132” coin_acceptor 0.2 以降で利用可能。
coin_acceptor.delay_prom “55748” coin_acceptor 0.2 以降で利用可能。
coin_acceptor.device “/dev/ttyS1” coin_acceptor 0.2 で削除。
coin_acceptor.lock_on_close “Off” coin_acceptor 0.2 以降で利用可能。
coin_acceptor.start_unlocked “On” coin_acceptor 0.2 以降で利用可能。
com.autoregister_casesensitive “1”  
com.autoregister_typelib “0”  
com.autoregister_verbose “0”  
com.code_page “”  
daffodildb.default_host “localhost”  
daffodildb.default_password “daffodil”  
daffodildb.default_socket NULL  
daffodildb.default_user “DAFFODIL”  
daffodildb.port “3456”  
date.default_latitude “31.7667”  
date.default_longitude “35.2333”  
date.sunrise_zenith “90.583333”  
date.sunset_zenith “90.583333”  
date.timezone “” PHP 5.1.0 以降で利用可能。
dba.default_handler “”  
default_charset “UTF-8” PHP 5.6.0 以降でデフォルトが “UTF-8” になりました。それより前のバージョンでは、デフォルトは空文字列でした。
default_mimetype “text/html”  
default_socket_timeout “60”  
define_syslog_variables “0” PHP 5.4.0 で削除。
detect_unicode “1” PHP 5.1.0 以降で利用可能。PHP 5.4.0 では名前を zend.detect_unicode に変更。
display_errors “1”  
display_startup_errors “0”  
docref_ext “”  
docref_root “”  
engine “1”  
error_append_string NULL  
error_log NULL  
error_prepend_string NULL  
error_reporting NULL  
exif.decode_jis_intel “JIS”  
exif.decode_jis_motorola “JIS”  
exif.decode_unicode_intel “UCS-2LE”  
exif.decode_unicode_motorola “UCS-2BE”  
exif.encode_jis “”  
exif.encode_unicode “ISO-8859-15”  
exit_on_timeout “” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
expect.logfile “”  
expect.loguser “1”  
expect.timeout “10”  
fbsql.batchsize “1000” PHP 5.1.0 以降で利用可能。
from “”  
gd.jpeg_ignore_warning “1” PHP 5.1.3 以降で利用可能。
geoip.custom_directory NULL geoip 1.0.1 以降で利用可能。
geoip.database_standard “GeoIP.dat” geoip 1.0.1 で削除。
highlight.bg “#FFFFFF” PHP 5.4.0 で削除。
highlight.comment “#FF8000”  
highlight.default “#0000BB”  
highlight.html “#000000”  
highlight.keyword “#007700”  
highlight.string “#DD0000”  
html_errors “1”  
http.allowed_methods “” pecl_http 0.4.0 以降で利用可能。pecl_http 1.0.0 で削除。
http.allowed_methods_log “” pecl_http 0.12.0 以降で利用可能。pecl_http 1.0.0 で削除。
http.cache_log “” pecl_http 0.8.0 以降で利用可能。pecl_http 1.0.0 で削除。
http.composite_log “” pecl_http 0.12.0 以降で利用可能。pecl_http 1.0.0 で削除。
http.etag_mode “MD5” pecl_http 0.12.0 以降で利用可能。pecl_http 1.0.0 で削除。
http.etag.mode “MD5” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.force_exit “1” pecl_http 0.18.0 以降で利用可能。
http.log.allowed_methods “” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.log.cache “” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.log.composite “” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.log.not_found “” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.log.redirect “” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.ob_deflate_flags “0” pecl_http 0.21.0 以降で利用可能。pecl_http 1.0.0 で削除。
http.ob_inflate_flags “0” pecl_http 0.21.0 以降で利用可能。pecl_http 1.0.0 で削除。
http.only_exceptions “0” pecl_http 0.11.0 以降で利用可能。
http.persistent.handles.ident “GLOBAL” pecl_http 1.5.0 以降で利用可能。
http.redirect_log “” pecl_http 0.12.0 以降で利用可能。pecl_http 1.0.0 で削除。
http.request.methods.allowed “” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.send.deflate.start_flags “0” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.send.inflate.start_flags “0” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
http.send.not_found_404 “1” pecl_http 1.0.0 以降で利用可能。
ibase.dateformat “%Y-%m-%d”  
ibase.default_charset NULL  
ibase.default_password NULL  
ibase.default_user NULL  
ibase.timeformat “%H:%M:%S”  
ibase.timestampformat “%Y-%m-%d %H:%M:%S”  
ibm_db2.binmode “1”  
iconv.input_encoding “ISO-8859-1”  
iconv.internal_encoding “ISO-8859-1”  
iconv.output_encoding “ISO-8859-1”  
ifx.blobinfile “1” PHP 5.2.1 で削除。
ifx.byteasvarchar “0” PHP 5.2.1 で削除。
ifx.charasvarchar “0” PHP 5.2.1 で削除。
ifx.nullformat “0” PHP 5.2.1 で削除。
ifx.textasvarchar “0” PHP 5.2.1 で削除。
ignore_repeated_errors “0”  
ignore_repeated_source “0”  
ignore_user_abort “0”  
imlib2.font_cache_max_size “524288”  
imlib2.font_path “/usr/share/php/fonts/”  
implicit_flush “0”  
include_path “.;/path/to/php/pear”  
ingres.array_index_start “1” ingres 1.4.0 以降で使用可能です。
ingres.auto “1” ingres 2.0.0 以降で使用可能です。
ingres.blob_segment_length “4096” ingres 1.2.0 以降で使用可能です。
ingres.cursor_mode “0” ingres 1.1.0 以降で使用可能です。
ingres.default_database NULL ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.default_password NULL ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.default_user NULL ingres 1.0.0 以降で使用可能です。
ingres.describe 1 ingres 2.1.0 以降で使用可能です。
ingres.fetch_buffer_size 100 ingres 2.1.0 以降で使用可能です。
ingres.reuse_connection “1” ingres 2.0.0 以降で使用可能です。
ingres.scrollable “1” ingres 2.0.0 以降で使用可能です。
ingres.trace “0” ingres 2.0.0 以降で使用可能です。
ingres.trace_connect “0” ingres 1.2.1 以降で使用可能です。
ingres.utf8 “1” ingres 2.0.0 以降で使用可能です。
intl.default_locale “” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
intl.error_level “0” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
intl.use_exceptions “0” PHP 5.5.0 以降で利用可能。
last_modified “0”  
log_errors “0”  
log_errors_max_len “1024”  
magic_quotes_runtime “0” PHP 5.4.0 で削除。
magic_quotes_sybase “0” PHP 5.4.0 で削除。
max_execution_time “30”  
maxdb.default_db NULL  
maxdb.default_host NULL  
maxdb.default_pw NULL  
maxdb.default_user NULL  
maxdb.long_readlen “200”  
mbstring.detect_order NULL  
mbstring.http_input “pass”  
mbstring.http_output “pass”  
mbstring.http_output_conv_mimetypes “^(text/|application/xhtml\+xml)” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
mbstring.internal_encoding NULL  
mbstring.language “neutral” PHP 5.2.6以前では PHP_INI_PERDIR。
mbstring.script_encoding NULL PHP 5.4.0 で削除。代わりに zend.script_encoding を使うこと。
mbstring.strict_detection “0” PHP 5.1.2 以降で利用可能。
mbstring.substitute_character NULL  
mcrypt.algorithms_dir NULL  
mcrypt.modes_dir NULL  
memcache.allow_failover “1” memcache 2.0.2 以降で利用可能。
memcache.chunk_size “8192” memcache 2.0.2 以降で利用可能。
memcache.default_port “11211” memcache 2.0.2 以降で利用可能。
memcache.hash_function “crc32” memcache 2.2.0 以降で利用可能。
memcache.hash_strategy “standard” memcache 2.2.0 以降で利用可能。
memcache.max_failover_attempts “20” memcache 2.1.0 以降で利用可能。
memory_limit “128M”  
mongo.allow_empty_keys 0  
mongo.allow_persistent 1 1.2.0 で削除
mongo.chunk_size 262144  
mongo.cmd “$”  
mongo.default_host “localhost”  
mongo.default_port 27017  
mongo.is_master_interval 15 1.2.10 で追加。1.3.0 までのデフォルト値は 60
mongo.long_as_object 0  
mongo.native_long 1 1.5.0 までのデフォルト値は 0
mongo.ping_interval 5 1.2.10 で追加
mongo.utf8 1  
msql.allow_persistent “1”  
msql.max_links “-1”  
msql.max_persistent “-1”  
mssql.batchsize “0”  
mssql.charset “” PHP 5.1.2 以降で利用可能。
mssql.compatability_mode “0”  
mssql.connect_timeout “5”  
mssql.datetimeconvert “1”  
mssql.max_procs “-1”  
mssql.min_error_severity “10”  
mssql.min_message_severity “10”  
mssql.textlimit “-1”  
mssql.textsize “-1”  
mssql.timeout “60”  
mysql.connect_timeout “60” PHP <= 4.3.2 では PHP_INI_SYSTEM で、PHP 4.3.0 以降で使用可能です。
mysql.default_host NULL  
mysql.default_password NULL  
mysql.default_port NULL  
mysql.default_socket NULL PHP 4.0.1 以降で使用可能です。
mysql.default_user NULL  
mysql.trace_mode “0” PHP 4.3.0 以降で使用可能です。
mysqli.default_host NULL PHP 5.0.0 以降で使用可能です。
mysqli.default_port “3306” PHP 5.0.0 以降で使用可能です。
mysqli.default_pw NULL PHP 5.0.0 以降で使用可能です。
mysqli.default_socket NULL PHP 5.0.0 以降で使用可能です。
mysqli.default_user NULL PHP 5.0.0 以降で使用可能です。
mysqlnd_qc.apc_prefix qc_  
mysqlnd_qc.cache_by_default 0  
mysqlnd_qc.cache_no_table 0  
mysqlnd_qc.collect_statistics 0  
mysqlnd_qc.ignore_sql_comments 1  
mysqlnd_qc.memc_port 11211  
mysqlnd_qc.memc_server 127.0.0.1  
mysqlnd_qc.sqlite_data_file :memory:  
mysqlnd_qc.time_statistics 1  
mysqlnd_qc.ttl 30  
mysqlnd_qc.use_request_time 0  
mysqlnd_uh.report_wrong_types 1  
mysqlnd.collect_statistics “1” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
mysqlnd.log_mask “0” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
mysqlnd.mempool_default_size “16000” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
mysqlnd.net_cmd_buffer_size “4096” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
mysqlnd.net_read_buffer_size “32768” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
nsapi.read_timeout “60”  
oci8.connection_class “” PHP 5.3 (PECL OCI8 1.3) 以降で利用可能。
odbc.default_cursortype “3” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
odbc.default_db NULL  
odbc.default_pw NULL  
odbc.default_user NULL  
odbc.defaultbinmode “1”  
odbc.defaultlrl “4096”  
odbtp.datetime_format “object”  
odbtp.detach_default_queries “0”  
odbtp.guid_format “string” odbtp 1.1.3 以降で利用可能。
odbtp.interface_file “/usr/local/share/odbtp.conf”  
odbtp.truncation_errors “1”  
opcache.consistency_checks “0”  
opcache.dups_fix “0”  
opcache.enable “1”  
opcache.file_update_protection “2”  
opcache.load_comments “1” PHP 7.0.0 で削除されました
opcache.revalidate_freq “2”  
opcache.revalidate_path “0”  
opcache.validate_timestamps “1”  
open_basedir NULL PHP < 5.2.3 では PHP_INI_SYSTEM。
opendirectory.default_separator “/” opendirectory 0.2.2 で削除。
opendirectory.max_refs “-1”  
opendirectory.separator “/” opendirectory 0.2.2 以降で利用可能。
oracle.allow_persistent “-1” PHP 5.1.0 で削除。
oracle.max_links “-1” PHP 5.1.0 で削除。
oracle.max_persistent “-1” PHP 5.1.0 で削除。
pam.servicename “php”  
pcre.backtrack_limit “1000000” PHP 5.2.0 以降で利用可能。
pcre.jit “1” PHP 7.0.0 以降で利用可能。
pcre.recursion_limit “100000” PHP 5.2.0 以降で利用可能。
pdo_odbc.connection_pooling “strict” PHP 5.1.0 以降で利用可能。
pfpro.defaulthost “test-payflow.verisign.com” PHP 5.1.0 で削除。
pfpro.defaultport “443” PHP 5.1.0 で削除。
pfpro.defaulttimeout “30” PHP 5.1.0 で削除。
pfpro.proxyaddress “” PHP 5.1.0 で削除。
pfpro.proxylogon “” PHP 5.1.0 で削除。
pfpro.proxypassword “” PHP 5.1.0 で削除。
pfpro.proxyport “” PHP 5.1.0 で削除。
pgsql.ignore_notice “0”  
pgsql.log_notice “0”  
phar.extract_list “” phar 1.1.0 以降で利用可能。
phar.readonly “1”  
phar.require_hash “1”  
precision “14”  
python.append_path “”  
python.prepend_path “.”  
report_memleaks “1”  
report_zend_debug “1”  
sendmail_from NULL  
serialize_precision “-1” PHP 7.1.0 までは、デフォルト値は 17 でした。
session.bug_compat_42 “1” PHP 5.4.0 で削除。
session.bug_compat_warn “1” PHP 5.4.0 で削除。
session.cache_expire “180”  
session.cache_limiter “nocache”  
session.cookie_domain “”  
session.cookie_httponly “” PHP 5.2.0 以降で利用可能。
session.cookie_lifetime “0”  
session.cookie_path “/”  
session.cookie_secure “”  
session.entropy_file “” PHP 7.1.0 で削除。
session.entropy_length “0” PHP 7.1.0 で削除。
session.gc_divisor “100”  
session.gc_maxlifetime “1440”  
session.gc_probability “1”  
session.hash_bits_per_character “5” PHP 7.1.0 で削除。
session.hash_function “0” PHP 7.1.0 で削除。
session.lazy_write “1” PHP 7.0.0 以降で利用可能。
session.name “PHPSESSID”  
session.referer_check “”  
session.save_handler “files”  
session.save_path “”  
session.serialize_handler “php”  
session.sid_bits_per_character “32” PHP 7.1.0 以降で利用可能。
session.use_cookies “1”  
session.use_only_cookies “1”  
session.use_strict_mode “0” PHP 5.5.2 以降で利用可能。
session.use_trans_sid “0”  
SMTP “localhost”  
smtp_port “25”  
soap.wsdl_cache “1” PHP 5.1.5 以降で利用可能。
soap.wsdl_cache_dir “/tmp”  
soap.wsdl_cache_enabled “1”  
soap.wsdl_cache_limit “5” PHP 5.1.5 以降で利用可能。
soap.wsdl_cache_ttl “86400”  
sqlite.assoc_case “0”  
sybase.allow_persistent “1”  
sybase.interface_file “”  
sybase.max_links “-1”  
sybase.max_persistent “-1”  
sybase.min_error_severity “10”  
sybase.min_message_severity “10”  
sybct.deadlock_retry_count “0”  
sybct.login_timeout “-1”  
sybct.packet_size “0”  
sybct.timeout “0”  
syslog.filter “no-ctrl” PHP 7.3.0 以降で利用可能。
sysvshm.init_mem “10000”  
track_errors “0”  
unserialize_callback_func NULL  
uploadprogress.file.filename_template “/tmp/upt_%s.txt”  
url_rewriter.tags “a=href,area=href,frame=src,form=,fieldset=”  
user_agent NULL  
valkyrie.auto_validate “0”  
valkyrie.config_path NULL  
windows.show_crt_warning “0” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
xbithack “0”  
xdebug.auto_profile “0” Xdebug 2.0.0 で削除。
xdebug.auto_profile_mode “0” Xdebug 2.0.0 で削除。
xdebug.auto_trace “0”  
xdebug.collect_includes “1” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.collect_params “0”  
xdebug.collect_return “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.collect_vars “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.default_enable “1” Xdebug 1 では PHP_INI_SYSTEM。
xdebug.dump_globals “1” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.dump_once “1”  
xdebug.dump_undefined “0”  
xdebug.dump.COOKIE NULL  
xdebug.dump.ENV NULL  
xdebug.dump.FILES NULL  
xdebug.dump.GET NULL  
xdebug.dump.POST NULL  
xdebug.dump.REQUEST NULL  
xdebug.dump.SERVER NULL  
xdebug.dump.SESSION NULL  
xdebug.idekey “” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.manual_url “http://www.php.net”  
xdebug.max_nesting_level “100”  
xdebug.remote_autostart “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.remote_handler “dbgp”  
xdebug.remote_host “localhost”  
xdebug.remote_log “” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.remote_mode “req”  
xdebug.remote_port “9000”  
xdebug.show_exception_trace “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.show_local_vars “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.show_mem_delta “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.trace_format “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.trace_options “0” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.trace_output_dir “/tmp” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.trace_output_name “trace.%c” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.var_display_max_children “128” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.var_display_max_data “512” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xdebug.var_display_max_depth “3” Xdebug 2.0.0 以降で利用可能。
xmlrpc_error_number “0”  
xmms.path “/usr/bin/xmms”  
xmms.session “0”  
xsl.security_prefs “44” PHP 5.5.0 以降で利用可能。
y2k_compliance “1” PHP 5.4.0 で削除。
yami.response.timeout “5” yami 1.0.1 以降で利用可能。
yaz.keepalive “120”  
yaz.log_mask NULL yaz 1.0.3 以降で利用可能。
zend.assertions “1” PHP 7.0.0 以降で利用可能。
zend.detect_unicode “1” PHP 5.4.0 以降で利用可能。
zend.enable_gc “1” PHP 5.3.0 以降で利用可能。
zend.script_encoding NULL PHP 5.4.0 以降で利用可能。
zend.ze1_compatibility_mode “0” PHP 5.3.0 で削除。
zlib.output_compression “0”  
zlib.output_compression_level “-1”  
zlib.output_handler “”  

PHP_INI_USER

ユーザースクリプト (ini_set() などで) または Windows レジストリ で設定可能なエントリ。 PHP 5.3 以降では、.user.ini でも設定可能

ディレクティブ名 デフォルト値 注釈
tidy.clean_output “0” PHP 5 では PHP_INI_PERDIR

PHP Manual カテゴリー記事一覧

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください